資料をコンピューターで作成

便利なコンピューター

トップ / 資料をコンピューターで作成

コンピュータ,フリー

企業が求めるコンピューター資格 

資料や報告書の作成、その他基幹業務システムの使用など、ビジネスをする上でコンピューターは今やなくてはならないものです。企業が最低限求めるスキルとしては、エクセルやワードなどマイクロソフトのOffice系ソフトが使用できることを証明する「MOS検定」という資格がありますが、特に新卒の就活生にとっては一定のアドバンテージになります。第二新卒や既卒者にとっては、たとえ文系であっても一定のパソコンスキルがあることはプラスに働きます。今であればコンピューターからの情報漏えい防止に対する意識の高まりから、「情報セキュリティスペシャリスト」というものが、IT系企業を中心に社員に取らせたい資格の一つになっています。

資格のためには手段も選ばず 

コンピューター、特にソフトウェア業界で資格と言えば情報処理試験です。難易度はやや高く、私の会社の場合、何らかの資格取得者は約半数。応用情報以上は2割程度です。午前の試験は、マークシートの4択。しかも少なからず過去問が使い回されています。中には選択肢を含め一言一句、同じ場合もあります。つまり、理解せず丸暗記しても点数稼げると言うことです。「それでいいのか」と言うかもしれませんが、目的は合格すること。不正行為を働いた訳ではありません。それどころか、それだけ過去問題をこなした、普通以上の努力をした、そのご褒美だともいえます。理解できない部分は丸ごと覚えてしまう。これも方法です。こなした分だけ力になり、ご褒美ももらえます。これは何もコンピューターの世界に限ったことではないでしょう。

コンピューターゲーム情報

  • パソコン修理を依頼
  • アプリ開発がスゴイ
  • 時間つぶしに漫画喫茶